日本眼科アレルギー学会は、アレルギー性結膜疾患における基礎と臨床の双方からのアプローチを行い、アレルギー性結膜疾患診療レベルの向上を図り、
患者さまへ適切な医療を提供することを目的として結成された学会です。

日本眼科アレルギー学会

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-4-7 スタッフルームタケムラ(有)内

03-5287-3801

03-5287-3802

優秀賞

日本眼科アレルギー学会優秀賞 募集要項

  1. 概要
    過去5年以内に、眼科におけるアレルギー分野に関して、論文発表または学会発表した者を対象とします。
    公開募集し応募者を選考の上、国内外若干名の眼科分野の研究者に表彰及び副賞として10万円を授与致します。
  2. 応募資格
    原則として日本眼科アレルギー学会会員であり、且つ大学、大学院および医療機関、それに準ずる研究機関に所属する国内外40歳未満(応募締切時)の研究者または眼科医。
  3. 応募方法
    応募者は所定の様式(選考規程参照)に必要事項を記入の上、主要な業績論文目録、および対象論文の別冊、それぞれ4部を所属長の推薦状を添えて、下記事務局宛に郵送にてお送りください。

  4. 応募締切
        2022年3月31日(木)消印有効

    5. 運営及び選考
        受賞者は、日本眼科アレルギー学会優秀賞選考委員会による審査にて決定致します。

    6. 審査結果・発表
        2022年秋の日本眼科アレルギー学会学術集会時における記念講演、授賞式での表彰

    7. 応募・問合先
        日本眼科アレルギー学会 事務局
        〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-4-7
        TEL:03-5287-3801 FAX:03-5287-3802 E-mail:joas_sec@staffroom.jp

日本眼科アレルギー学会優秀賞 受賞者

2017年度 
白木 夕起子 (日本大) Clinical usefulness of monitoring expression levels of CCL24(Eotaxin-2) mRNA on the ocular surface in patients with vernal keratoconjunctivitis and atopic keratoconjunctivitis. 

矢津 啓之 (鶴見大/慶應大) アレルギー性結膜炎における洗眼の効果 
              T
he efficacy of eye wash solution in the treatment of seasonal allergic conjunctivitis

2018年度 
高 良太(福岡大) Correlation between acute conjunctivitis and Asian dust on ocular surfaces
 

2019年度 
平形 寿彬(順天大) Dietary omega-3 fatty acids alter the lipid mediator profile and alleviate allergic conjunctivitis without modulating Th2 immune responses

2020年度 
清水  映輔(慶應大) The effect of cytokine-stimulation and pharmacologic intervention on PGE2 production in primary human conjunctival and corneal cells.

2021年度 
廣田 旭亮(日本大) タクロリムス点眼液を用いた春季カタルおよびアトピー性角結膜炎治療の長期予後

山西 竜太郎(慶應大) Elevated levels of prostaglandin E2 in the tears of patients with severe allergic conjunctivitis and primary cultured conjunctival cells are suppressed by ketotifen and dexamethasone.